ウォーターダイエットの効果と具体的な取り組み方について

水を飲んで痩せるダイエット方法です。
【方法】1日1.5?2Lのミネラルウォーターもしくは高機能ウォーターを飲む。1日に2Lも飲めないと思うかもしれませんが、朝起きた時、少し休憩したい時、食事前、食事後、入浴前、入浴後、寝る前など少しずつ体に染み込ますようにゆっくりと飲みます。特に、朝起きた時は、想像以上に体が水分不足になっています。一気に飲まず少しずつ摂取してください。
あくまで水(水道水)ではなく、ミネラルウォーターもしくは高機能ウォーターを飲むことが大事です。なぜなら、水を飲むことで、大きく分けて二つの目的があるからです。
【目的1】ミネラルウォーターを飲むことで食欲を抑える。これは水道水でも可能ですが、1日1.5?2L飲む必要があり、水道水にはカルキが入っているため、カルキ抜きをしなければいけません。
【目的2】ミネラルを摂る。ミネラルウォーターもしくは高機能ウォーターはミネラルが豊富です。日本の水にもミネラルは含んでいますが、基本、軟水です。硬水の方がミネラルはたくさん含んでいます。硬水に含まれるミネラル成分が体を巡り、新陳代謝を高め、老廃物を体の外に出してくれます。硬水は便秘にも効果があります。しかし、硬水は飲みにくく、人によっては硬水を急に大量摂取することで、胃腸に大きなダメージを与えてしまう場合もあります。なので、ミネラルウォーターを選ぶ際は、高度に注意して、少しずつ体を慣らしていく必要があります。

【ミネラクウォーター、高機能ウォーターについて】
ミネラルウォーターはカルシウムとマグネシウムの量によって硬度が決められます。硬度が0?60が軟水、60?120がやや硬水、120?180が硬水、180以上が非常な硬水です。一般的にスーパーでよく見かける、南アルプスや六甲は軟水、コントレックスやエビアンなどが硬水です。一般的に硬水の方が美容やダイエットを考えている人に選ばれています。ちなみにボルビックは軟水です。
ちなみに水を飲みすぎると「太る」「冷える」「むくむ」と思われがちですが、水分が不足すると逆に太りやすくなります。さらに、水分不足は、肌荒れ、疲れやすい、冷える、肩こりがひどくなる、むくみやすいといった症状が出ます。適量の水を飲むことは、ダイエットや美容だけでなく、健康にも影響を与えます。
また高機能ウォーターはミネラルの他に、サルフェート、シリカといった成分を含んでいます。サルフェートはデトックス効果、代謝アップ、便秘効果、美肌効果が高く、シリカはコラーゲン生成やアンチエイジング効果などがあると言われています。

【おすすめミネラルウォーター、高機能ウォーター】
ミネラルウォーター>>①ボルビック(フランス産の軟水で飲みやすい。ナトリウムの含有量が少ないため、むくみ防止になる。軟水の中ではミネラルが豊富です。)
②バナジウム天然水(バナジウムというミネラルに着目。バナジウムにはインスリンの分泌を抑えることができることから、血糖値を下げ、体に脂肪がたまらないようにサポートしてくれる。)
高機能ウォーター>>①フィジーウォーター(シリカを豊富に含む軟水で、含有量は世界トップレベルです。軟水なので飲みやすく「常温でも美味しく甘みも感じられる」と評価されています。②コントレックス(1990年に日本で発売され、ダイエットや美容アイテムとして口コミで広がり、ミネラルウォーターブームを作った。長年愛用者も多く、注目のサルフェートが含まれている。コンビニやドラックストア、スーパーでも手軽に購入することができる。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です